top of page

「長野アップサイクル・フード」がグッドデザイン賞を受賞!

NAGANOスマートシティコミッションの令和4年度実証プロジェクトとして、ICS-net株式会社を中心に長野市の食品事業者が連携して考案された「長野アップサイクル・フード」が、2023年度グッドデザイン賞を受賞しました。


社会に見えにくい食品原料の廃棄問題に挑む

品質には問題がないのに、余剰在庫として廃棄されてしまう食品原料の存在に着目して始まったプロジェクト。おいしく食べやすく、かつ長期保存が可能な缶詰にすることで原料の廃棄を免れることができます。同時に、フードロス削減の啓蒙活動になっていることが受賞のポイントでした。

写真は、「長野アップサイクル・フード」の第一弾商品として発売された、信州のブランド地鶏を活かした「ふくふくレバーシリーズ(全6種)」。

商品や「長野アップサイクル・フード」の取り組みに関する詳しい情報は、ICS-net株式会社が運営するブランドページにてご確認いただけます。



過去に採択された実証プロジェクトに関する記事は、活動報告のページでお読みいただけます。

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page